母体と胎児の健康

こんにちは

妊娠中の母体の健康管理が、生まれてくる子供の「お口の健康」に影響を与えることはご存知でしょうか?

大きく分けて以下の項目が胎児への影響があると言われています

1.口腔ケア
2.心のストレス
3.併在疾患
4.食生活
5.服薬
6.感染症

1.口腔ケア
妊娠中はつわりで吐きやすくなり、歯磨きがおろそかになります。それによりむし歯、歯周病のリスクが高まります。またホルモンバランスの変化により歯肉が腫れやすくなります。

2.心のストレス
仕事を持つ妊婦が増え、仕事との両立・産後の子育てに悩む人が多くなっています。

3.併在疾患
持病を持つ妊産婦は、健康状態についてかかりつけ医師・歯科医師によく相談することが大事です。

4.食生活
子どもの歯は母親のお腹にいるときから形成が始まります。つまり母親の健康や栄養状態は、子どもの歯の形成、味覚を感じる組織の形成にも、大きく影響します。

5.服薬
妊婦4~7週は絶対過敏期と呼ばれ、この時期または妊娠中に過剰にお薬を飲まれると子どもの発育に大きな影響を及ぼす可能があります。

6.感染症
母体がエイズ、肝炎(C型)、風疹に罹患している場合、胎児への感染リスクがあります。
そのほか、インフルエンザ、エボラ出血熱など感染の危険性があります。
予防接種を受けることをオススメします。

このように普段何気ないことが胎児、子どもへと知らずのうちに影響を及ぼすことがあります。

妊娠中、産後は何かと不安な事があるかと思いますので、歯の事以外でも気軽に聞いていただければ幸いです。

蔵前ベリタス歯科 KURAMAE VERITAS DENTAL CLINIC
<一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科>
「インフォームド・チョイス」(Informed Choice)を基本に考えた患者様ひとりひとりにあった治療を提供します
--------------------------------------------------------------------
都営地下鉄浅草線/大江戸線「蔵前駅」 A1出口より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線/大江戸線「蔵前駅」 A5出口より徒歩8分
都営地下鉄浅草線「浅草橋駅」A1出口より徒歩6分
JR総武線「浅草橋駅」東口より徒歩8分
--------------------------------------------------------------------
〒111-0051 台東区蔵前2-2-4
お電話によるお問い合わせ:03-5835-5584

関連記事

  1. 歯磨き粉について

  2. 定期検診

  3. ガム噛み

  4. 美味しい食事

  5. 歯ブラシイメージ

    ヘッドが大きい歯ブラシ

  6. コンクールF