どうしてむし歯になるの?

こんにちは。

 

「むし歯」 と 「歯周病 」。

ほとんどの皆様は、かならずや聞いたことがある言葉だと思います。

最近では 人間の歯を失う多く原因は 歯周病 と言われています。

 

それはむし歯の方は

・しっかりと予防できるように医療が発展したこと

・また患者さんの歯への関心が高まりセルフケアがより高度になってること

・またむし歯になっても多様の治療法が研究され確立されてきていること

から 虫歯はだいぶ減ってきて、なったとしても 早期であれば 回復処置が可能となっているからです。

 

そんなむし歯ですが 「どうしてむし歯になるの?」 か ご存知ですか?

むし歯ができるには 3つのものが必要なんです。

  と  ばい菌  と  食べかす です ( そこには むし歯になるまでの色々な時間 も関係します)

 

・ むし歯になるには 当たり前ですが  がないと もちろん なりません。

だから歯のない人はむし歯にならないです(全部入れ歯のかたは むし歯はないです。 歯の生えていない赤ちゃんもありません)

 

・ お口の中には目に見えないですが ばい菌 がいっぱい います。

そのばい菌は 歯をとかす成分 を 出すのです。そのことで 歯は 溶かされむし歯になります。

 

・ ばい菌も生きていかなくてはなりません。人間も生きるためには 食べ物が必ず必要です。

ばい菌も一緒。 ばい菌の食べ物も必要です。 その食べ物は お口の中にたまる 食べかす です。

それをばい菌は食事として どんどん元気になり、そしてありあまる力で 歯をとかしていくのです。

 

この3つはすべて関連していることがお分かりいただけましたでしょうか?

ですから 簡単な予防としては

食べかす を できるだけ 残らないように

歯磨きを食後にしっかりとする。フロスや歯間ブラシも補助的に併用する。などなど。

歯 自体も 強くして ばい菌から 身を守れるように

歯医者さんでクリーニングをする。フッ素入り歯磨き粉を使う。などなど。

ばい菌をできるだけ少なくするように

定期的にクリーニングをする。歯ブラシをただする でなく 効果的につかえるようにする。

ばい菌の付きにくい環境にする。

基本的なことですが 当たり前のようなことが 一番大事になってきたりします。

これからは セルフケア と プロのケア を 併用して

むしばのないお口の環境を一緒に作り上げましょう。

歯医者さんは 痛いから 行かないと 。。。  というものでなく

歯医者さんは 痛くなならないように 行こう! と

上を向いて、楽しく、症状のない時に 行きましょう!

それが 痛くない歯医者さん だと 思います!

 

蔵前ベリタス歯科 KURAMAE VERITAS DENTAL CLINIC
<一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科>
「インフォームド・チョイス」(Informed Choice)を基本に考えた患者様ひとりひとりにあった治療を提供します
--------------------------------------------------------------------
都営地下鉄浅草線/大江戸線「蔵前駅」 A1出口より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線/大江戸線「蔵前駅」 A5出口より徒歩8分
都営地下鉄浅草線「浅草橋駅」A1出口より徒歩6分
JR総武線「浅草橋駅」東口より徒歩8分
--------------------------------------------------------------------
〒111-0051 台東区蔵前2-2-4
お電話によるお問い合わせ:03-5835-5584

関連記事

  1. 自律神経のお話

  2. むし歯を防ぐ「フッ素」の働き

  3. 虫歯になりやすい場所

  4. 無痛治療とは?痛くない麻酔とは?

  5. 唾液の働きって?

  6. ガム噛み