ストレスと咀嚼の関係

慢性的なストレスが記憶力や思考力の低下を招き、脳の萎縮や認知症の原因になりうると言われているのをご存知でしょうか?

それに対して効果的な解消法とされているのが噛むことです。
ストレス下の状況で咀嚼運動をするとストレスホルモンの分泌が抑えられるのですが、現代の人は食事の際の咀嚼回数が昔に比べると低下しています。

固いものを食べることが少なくなり、よく噛まずに流し込めるようなものを好む人が多くなったことが原因とも言われています。

よく噛んで食べる生活を続けることが記憶力の維持と向上にも繋がるので、ガムを噛んだり食事の際は噛む回数を意識すると良いでしょう。

蔵前ベリタス歯科 KURAMAE VERITAS DENTAL CLINIC
<一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科>
「インフォームド・チョイス」(Informed Choice)を基本に考えた患者様ひとりひとりにあった治療を提供します
--------------------------------------------------------------------
都営地下鉄浅草線/大江戸線「蔵前駅」 A1出口より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線/大江戸線「蔵前駅」 A5出口より徒歩8分
都営地下鉄浅草線「浅草橋駅」A1出口より徒歩6分
JR総武線「浅草橋駅」東口より徒歩8分
--------------------------------------------------------------------
〒111-0051 台東区蔵前2-2-4
お電話によるお問い合わせ:03-5835-5584

関連記事

  1. 麻酔後に注意すること

  2. 花粉症と歯科の関係

  3. 防災グッズ

  4. 朝起きると歯が痛い…

  5. お子様の仕上げ磨きについて

  6. 世界保健デー