☆フッ素☆

こんにちは。
最近、寒い日が続きますね。
風邪やインフルエンザも流行しています。
手洗いやうがい、マスクなどで予防が大切ですね。

今日は皆さんもご存じのフッ素についてです。
フッ素の効果は、酸に溶けた歯が再石灰化を促進する
        抗菌作用でむし歯菌の活動の抑制
        再石灰化され、歯が硬くなる

このような効果があげられます。
日本でもフッ素の濃度の高い物が昨年より販売されています。
以前は1000ppmでしたが、現在は1450ppmの高濃度のものが販売されるようになりました。

アメリカでの調査ですが、1000ppmと1450ppmの歯磨剤の比較で1450ppmのものを使用した方が
15~20%むし歯の発生率が低減したという結果もでているようです。

歯の形成期である6歳未満は、過剰なフッ素を継続的に飲み込むと、歯に斑状歯があらわれることが
あります。日本のメーカーでは、6歳未満のお子さんの使用は控えて頂くようお願いしています。

当医院でもフッ素1450ppm配合の歯磨剤や、歯面を修復するハイドロキシアパタイト配合の歯磨剤、ホワイトニング効果の
歯磨剤など、いろいろ取り揃えております。
自分自身にあう歯磨剤をお探しの方は、歯科衛生士にお声かけください。

蔵前ベリタス歯科 KURAMAE VERITAS DENTAL CLINIC
<一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科>
「インフォームド・チョイス」(Informed Choice)を基本に考えた患者様ひとりひとりにあった治療を提供します
--------------------------------------------------------------------
都営地下鉄浅草線/大江戸線「蔵前駅」 A1出口より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線/大江戸線「蔵前駅」 A5出口より徒歩8分
都営地下鉄浅草線「浅草橋駅」A1出口より徒歩6分
JR総武線「浅草橋駅」東口より徒歩8分
--------------------------------------------------------------------
〒111-0051 台東区蔵前2-2-4
お電話によるお問い合わせ:03-5835-5584

関連記事

  1. 食いしばり

  2. 洗口剤

  3. 妊娠中のお口の中の変化

  4. 小児のかみ合わせの治療(反対咬合)について

  5. 金属アレルギー

  6. 歯ブラシイメージ

    ヘッドが大きい歯ブラシ