妊娠中のお口の中の変化

こんにちは!
今日は妊娠中に起こりやすい、お口の中の変化についてお話しします。
妊娠中は、女性ホルモンの分泌が増加するため、歯茎が腫れやすくなるとともに、ある種類の歯周病菌の増殖が促進されます。また、つわりによって歯ブラシが難しくなったり、食事回数や食べ物の変化が起こったりすることで、プラークの蓄積が進み、歯茎から出血が起こりやすくなります。妊娠期における歯茎の出血は改善することができます。お身体のご負担にならない程度に、ぜひ歯科受診されてみはいかがでしょうか?

蔵前ベリタス歯科 KURAMAE VERITAS DENTAL CLINIC
<一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科>
「インフォームド・チョイス」(Informed Choice)を基本に考えた患者様ひとりひとりにあった治療を提供します
--------------------------------------------------------------------
都営地下鉄浅草線/大江戸線「蔵前駅」 A1出口より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線/大江戸線「蔵前駅」 A5出口より徒歩8分
都営地下鉄浅草線「浅草橋駅」A1出口より徒歩6分
JR総武線「浅草橋駅」東口より徒歩8分
--------------------------------------------------------------------
〒111-0051 台東区蔵前2-2-4
お電話によるお問い合わせ:03-5835-5584

関連記事

  1. デンタルフロス

  2. 歯ブラシイメージ

    歯ブラシ交換時期

  3. どうしてむし歯になるの?

  4. 舌ブラシ

  5. ☆知覚過敏☆

  6. コンクールF