食後の歯の闘い

みなさまこんにちは

ムシ歯がどうのようにできるのかご存知でしょうか?
ムシ歯菌が歯を食べて穴があいてしまう…そんなイメージがあるのではないでしょうか?

実はムシ歯菌が食べカスをエサに、酸を作ります。その酸が歯を溶かしているのです。これを、「脱灰」といいます。

歯のエナメル質は、身体の中で最も硬い組織ですが、酸の攻撃を受けてエナメル質はpH5.5、象牙質はpH6を超えてしまうと溶け始めます。つまりお口の中が酸性に傾くと、歯が溶け出すのです。

食後のたった10分でpHは5くらいまで下がってしまいます。お腹も満たされゆっくりお茶を飲んでいる間に、歯は酸の攻撃を受け激しい攻防を繰り広げているのです。酸にさらされている時間が長ければ長いほど、ムシばまれた歯に近づきます。

歯も攻撃を受けているばかりではなく「再石灰化」 といって溶けたところを微量ながら自己再生します。
しかし残念ながら酸は金属をも錆びつかせてしまいますから、歯の再石灰化だけでは元には戻りません。

ここで最も効果的な方法は、ブラッシングです。酸を出す菌の集合体 プラークを食後素早く取り除くことがムシ歯にならない1番の方法です。

ムシ歯にならないようにするには、歯を、菌が出す酸から守ること。極力汚れが長時間歯にさらされることを回避できれば、お口の平和つまり健康が保たれるということになります。

今一度、歯磨きのタイミングを見直してみてはいかがでしょうか?

蔵前ベリタス歯科 KURAMAE VERITAS DENTAL CLINIC
<一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科>
「インフォームド・チョイス」(Informed Choice)を基本に考えた患者様ひとりひとりにあった治療を提供します
--------------------------------------------------------------------
都営地下鉄浅草線/大江戸線「蔵前駅」 A1出口より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線/大江戸線「蔵前駅」 A5出口より徒歩8分
都営地下鉄浅草線「浅草橋駅」A1出口より徒歩6分
JR総武線「浅草橋駅」東口より徒歩8分
--------------------------------------------------------------------
〒111-0051 台東区蔵前2-2-4
お電話によるお問い合わせ:03-5835-5584

関連記事

  1. 歯磨剤について

  2. なぜむし歯になるの?

  3. 炭酸水

  4. 歯ブラシイメージ

    歯ブラシの選び方

  5. 女性のライフステージと歯周病

  6. 舌苔